読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chokudaiのブログ

chokudai(高橋直大)のブログです

ブログ一新

今までブックマーク等してくれた人には非常に申し訳ないですが、ブログを新しく一から書き始めてみようかな、ということで、今回記事の全削除ということをしてみました。過去の記事はこちらから
今回こういった行動に及んだ理由はいくつか上げられるのですが、順に説明をしていこうかと思います。

記事の分離

今までのblogに関して言えば、記事の方向性、というものが非常に見えてこないような感じだったわけですね。別に方向性の有無に関してはどちらでも良いかな?と思っていないわけでもないのですが、せめて技術者であるか、そうでない人向けであるか、という部分程度は分けたいと思っています。
そこで、このblogの方向性を考えていくわけですが、このblogのターゲットは、プログラミング・アルゴリズムに興味が少しでもある人〜中級者程度をターゲットにしていこうかな、と考えています。
理由は簡単で、「プログラミングの最新技術・変態的技術を身に付けたい」という要望に応えられる気がしない、ってのが一番大きな理由です。そもそも自分のスタイルっていうのは、基礎的な物を積み重ねていけば、大抵のケースに対応できる、という主張であるわけで、そういったものを公開するのは何か違うかな、と思います。上記を踏まえた上で、その方向性に乗るようなものでアウトプット可能なものがあれば逐次更新していく、という形で今後このブログを更新していく予定です。これはあくまで現状を踏まえてなので、今後ターゲットが変わってくる可能性は十分にあります。
なお、今までこちらに書いていたものは以下のように振り分けます。

TopCoderなどの競技プログラミングの成績報告・ソースコード

基本的にはTopCoder部における筆者の日記に書きます。ですが、面白いものを見つけた場合はこの限りではありません。(現状はITMediaでの連載という最高の環境があるため、こちらではあまり使わないかな、とも思います。)

その他の報告等

大体のものはTwitterに垂れ流すことになるかと思います。長文になりそうなもので、かつアウトプットする意味が十分にある、と感じられた場合はこちらで更新することもあるかと思います。

表現力の向上

過去のblogを見てもらえれば判る通り、筆者の文章力というものは非常に低いです。現在、最強最速アルゴリズマー養成講座などを書かせていただいてますが、はっきり言ってしまえば編集者さんが直してもらう前の文章なんて読めたもんじゃありません。普段は「みょんみょん」などと適当なことを言って誤魔化せばなんとかなってしまう部分もありますが、まともなアウトプットを目指すのであれば、あまりこういったものを多用するのは得策ではないのではないか、と思います。もちろん、今までの口調での発言等を捨てる気は全くなく(あれはあれで筆者の中では思い入れのあるものでもあり、意味のあるものでもあるわけですが)、Twitter等では今までの話し方を継続するのではないか、と思います。端的に言ってしまえば、「露出が増えて、せっかく発言力も強くなってきたのだから、まともなことを書こう」ということです。適当な文章を書いている人間に真面目な反論をする気にはなかなかなれないでしょう。そもそも反論を出来る、といった次元の文章を今まで書いていなかった、というのもありますが・・・。

自己の向上

連載等を書き始めて気づいたことではあるのですが、自らの頭の中で考えただけの場合と、それを文章化してアウトプットまで行った場合では、その考えた内容の差には大きな隔たりがあるものです。また、それを文章化した上で、他の人からの意見を取り入れる、という行為もまた、その1つ前の段階とは比べ物にならない差があります。基本的に面倒くさがりな部分があるので、これらの行為を今まで殆ど行っていなかった、というのがかなりマイナスになっていたのではないか、と思います。もちろんプログラミングもそれは同じで、プログラムのアウトラインを考えることと、実際にコードを組む事には大きな差があり、組んでいる途中で詰めが甘いことに気づいたりすることも少なくありません。
ということで、筆者自らが考えたことをアウトプットした上で、叩いてもらおうと思います。コメント等大歓迎です。喧嘩腰でコメントとかしてもらって構いません。必死で応戦します。少しこの口調だと偉そうに聞こえてしまわないか心配ですが、叩いてもらうつもりで書いてるので上から目線で潰す気になってコメントしてきてください。
 
ということで、以上3点が主な理由です。せっかくblogという発信可能な手段があるのであれば、それを使わない手はないだろう、と考えています。一気にキャラチェンジをした形になってしまうので、驚く方も多いかとは思いますが、今後もよろしくお願いします!